韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENの統括リーダー・エスクプスが、健康上の理由で一時活動休止することが公式サイトで発表された。

【写真】SEVENTEEN統括リーダーのエスクプス

 同サイトによると「エスクプスは最近心理的に不安の症状を訴え、正確な診断を受けるため、多方面で精密に確認中でございます」と説明。「このような状況を受け、十分な休憩と安定が必要だと判断し、エスクプス本人とSEVENTEENメンバーの慎重な議論の結果、一時的に活動を中断することに決定いたしました」と報告した。

 ファンに向けては「エスクプスの健康回復のために最優先で治療に臨むようにします。またいつもアーティストの健康と保護のために万全をつくします」と約束し、「エスクプスの健康および活動に関して憶測と誤解がないようにお願い申し上げます。後日、スケジュールや回復の状況に対してご案内いたします」としている。

 SEVENTEENは来年5月に東京、福岡、大阪の3都市で初のドームツアー(計5公演)を行うことが決定している。