歴史ナビゲーター・歴史作家でタレントのれきしクン(33)が3日、都内在住の一般女性(32)と結婚した。同日、所属事務所・ワタナベエンターテインメントを通じて報告した。

【写真】れきしクン、お相手と城をバックに2ショット

 れきしクンは書面でコメントを発表。「私ごとで非常に恐縮ですが、本日11月3日に入籍をいたしました! 相手は一般の方で、私の城めぐりにも付き合ってくれるとても優しい女性です」と紹介し「結婚だけが幸せではない世の中で、さらには乱世のように浮き沈みの激しい仕事をしている私と結婚してくれて、ただただ感謝しかありません」と記した。

 続けて「私がずっと理想の夫婦像としてきた『今川氏真・早川殿 夫婦』のように、良い時も滅亡した時も、お互いを尊重して支え合って歩んでいければと思います」と決意し「本日、私自身の歴史的な日を迎え、改めて『皆さんに歴史をもっと楽しんでいただけるように努めよう!』と兜の緒を締め直したところでございます。これからもご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます」とメッセージしている。

 なお、この日、お相手の故郷である大阪市内の区役所に、れきしクンの地元・熊谷市オリジナルのピンク色の婚姻届にて入籍したという。

 れきしクンは、戦国時代・武将に関する知識が豊富で、漫才師としてデビュー。『芸人○○王(戦国時代編)』(MBS、2012年放送)で優勝するなどの活動を経て、現在は歴史ナビゲーター・歴史作家として、日本全国でイベントや講演会などに出演。芸人として培った経験を生かした、明るくわかりやすいトークで歴史の魅力を伝えている。