7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが19日、都内で行われた『少年クロニクル POP-UP STORE』の発表会に出席。『NHK紅白歌合戦』の初出場が決まった喜びを語り、メンバーの片寄涼太は「高校教師の父が現場で『紅白おめでとうございます!』と言われるそうで、ある意味親孝行できたかなと思います」と笑顔を見せた。

【動画】GENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーが紅白出場反響語る

 リーダーの白濱亜嵐は「家族に毎年『今年は紅白どうなの?』と聞かれていたので、良い報告ができてうれしかったですし、いろんな方に会うたびに『おめでとうございます!』と言われるので、紅白の影響力はすごいんだなと毎日感じています」と驚きの様子。

 小森隼は「先輩方からも連絡いただいて、LDHが一丸となって喜んでくださいました」と感謝。関口メンディーは「自分たちの目標でもあった紅白。色んな方の思いがあって出られるので、全力でやるだけです。思いを込めて、見てる方々の心に残るようなパフォーマンスをしたいです」と宣言していた。

 14日の紅白出場発表の会見では、佐野玲於の提案で8月にリリースした「DREAMERS」のTシャツを着て登壇した7人。佐野は「(紅白に)出られると決まっていたわけじゃないので、ダメ元で作って出られたら思い出にしたいと思っていたんです。マネージャーやスタッフさんにも渡して、出られなかったらお蔵入りになったTシャツだったので本当に良かったです」と大喜びしていた。

 同店舗は、現在開催中の5大ドームツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”』にて、デザイナーの田名網敬一氏がツアーロゴやグッズなどのコラボレーションが実現した連動企画としてオープン。トップスやパンツ、キャップやソックスなど16種類20アイテムの商品が並んでいる。店舗は21日から24日までの限定オープン。