クリエイター向けの国際大会「NY ADC Young Guns17」で、ストップモーション(コマ撮り)アニメーターの篠原健太さんが日本人唯一のノミネート、21日(NY時間20日)にWINNERとCreative Choice Awardのダブル受賞を成し遂げた。TwitterとTikTokを合わせて430万回再生を記録した作品を持ち、自作の「コマ撮り」技法紹介サイト、YouTubeなどで作品を発信。技術が評価され、「リラックマとカオルさん」(Netflix)の制作にも参加した。クリエイターとして名を高めてきた篠原さんに、今回の受賞の感想や「コマ撮り」にかける思いを聞いた。

【動画】多部未華子、山田孝之が声を担当した、Netflixのコマ撮りアニメ「リラックマとカオルさん」

■日本人唯一の受賞に「アニメーターの私が選ばれて驚いた」

 「NY ADC Young Guns」とは、ニューヨークで開催される、広告、アニメ、映像、写真などのクリエイターを対象とした国際的な賞。今年も世界中から500名以上のエントリーがあり、受賞者は28名。その中で篠原さんが今年度唯一の日本人受賞者となった。篠原さんは制作会社に勤務する会社員。会社でストップモーションアニメーターとして仕事をする傍ら、個人でもさまざまな作品を作り、TikTokやSNSサイトnoteでの「コマ撮り」紹介などでファンを獲得してきたクリエイターである。更に、一般投票数が最多だった1名にのみ与えられるCreative Choice Awardもダントツの投票数で受賞。開催17回目となる同大会でのWINNERとCreative Choice Awardのダブル受賞という日本人初の快挙を成し遂げた。

――今回の賞に応募した理由は? 他の賞にも応募されたことはありますか?
【篠原健太さん】こちらの賞への応募は初めてです。きっかけはクリエイティブディレクターの川村真司さんから推薦のお話をいただいたことです。国内の賞はいくつかいただいたことはあります。アニメーション作品で初めて受賞したのは、「第9回飛騨国際メルヘンアニメコンテスト」での子どもメルヘン大賞でした。これは学生時代に一人で制作した「ニワトリ物語~育む時の中で~」というコマ撮り作品でした。

――今回の賞のファイナリストが発表されたときの印象は?
【篠原健太さん】そのときは冷静でした。しかし、周りの方が喜んでくれたのはうれしかったです。SNSのフォロワーさんが応援してくださるので、いつも励まされています。

――ご自身が受賞されたときの感想を教えてください。
【篠原健太さん】作家性を感じる作品をエントリーした受賞者が多い中、ストップモーションアニメーターの私が選ばれて驚きました。アニメーターは作品を作るための一つの役割で、最終的な画に関わりはしますが、作家性を取り上げられることはあまりありません。何人かの人とチームでアニメートする場合が多いので、むしろ足並みを揃えるために自分の個性は控えます。そのようなアニメーターが表彰されることが驚きでした。私が活躍できる機会を作ってくださった皆様に感謝します。また、これを機会に日本のストップモーションアニメーションが盛り上がってくれるとうれしいです。

――日本人で唯一、選ばれたことについては?
【篠原健太さん】誇りに思います!ストップモーションアニメーターとしても! 日本人としても!

■ひたすら地道な“コマ撮り”作業 視聴者の言葉が励みに

 「ストップモーション」とは直訳すると「コマ撮り」のこと。たとえばカメラの前に人形を置き、その人形のポーズを少しずつ変えながら1枚1枚写真を撮影。それらの写真を連続で再生したときに、あたかも人形が生きて動いているように見せる……それがストップモーションアニメーターの仕事だ。篠原さんはこのストップモーションの制作過程をSNS上でも公開しているが、「人形を1秒間歩かせるのに撮影1時間、編集2時間」とも言われる、実に地道で根気のいる作業である。

――篠原さんはどうやってストップモーションの技術を身につけたのですか?
【篠原健太さん】最初は学校で学びましたが、本格的にはドワーフスタジオで働きながら身につけました。ドワーフスタジオにはストップモーションの道具や機材、知識がたくさんあります。その環境で先輩たちの真似からスタートし、実践し、自分なりに咀嚼していきました。まだまだ発展途上ですが…。

――ストップモーションを作る上で心がけていることは?
【篠原健太さん】自分の基準をクリアしたアニメートをするように心がけています。ワンカットでは良いと思った演技が、ストーリーの流れで観ると「ちょっとタイミングが良くないなぁ」と思うこともあって。そういうときはちょっと悔しいですね。ただ、視聴者の皆さんの喜んでくれる言葉は全部励みになります。私のアニメーションを観て「元気が出ました!」と言ってくれる人がいましたが、本当にうれしいです。

■試験に合格して参加。アニメ「リラックマとカオルさん」制作は貴重な体験だった

――「リラックマとカオルさん」(Netflix)の作品を請け負うことになったきっかけは?
【篠原健太さん】私はストップモーションアニメーターとして参加させていただきました。きっかけは、私がまだデビュー間もない頃、大先輩アニメーターの峰岸裕和さんに声をかけていただいたことです。そして作品制作に参加するためのテストを受けて合格しました。

――リラックマは日本のキャラクターですが、Netflixは海外のサイトです。国際的に共感を得られるように工夫したところはありますか?
【篠原健太さん】私の受け持ったストップモーションアニメーターの役割としては「可愛く動きをつける」ことを意識しました。「可愛い」という感情は世界共通なので、そこを思いっきり出せば一番効果的だと思ったのです。

――「リラックマとカオルさん」制作にあたって日本のストップモーションアニメーターと出会えたそうですが、印象に残った出来事は?
【篠原健太さん】アニメーターの皆さんと食事をして語り合えたことです。皆さん、普段は個々に仕事をしているので情報が共有されません。その食事会でそれぞれの考えや思いを話し合い、技術をシェアすることができたのは貴重な体験でした。

■自分の転機となった作品は「フィギュアコマ撮り」 「個人」として海外から注目される これまで制作した中で特に気に入っている作品として多部未華子や山田孝之が声優を務めた作品「リラックマとカオルさん」を挙げた篠原さんだが、自身のキャリアの中で転機となった作品は「フィギュアコマ撮り」だという。これは「仮面ライダージオウ」や「名探偵コナン」などのフィギュアを使用したコマ撮り作品シリーズで、「個人的にも気に入った作品で、これを通じて本当にたくさんの人とSNSでつながりを持つことができました」と話している。

――今後、伝えたいことはありますか?
【篠原健太さん】私は、ストップモーション以外何もできませんが、たくさんの人の支えのお陰で国際的な賞をいただくことができました。しかし、私はまだまだやりたいことがたくさんあります。将来私が何かを始めるとき、あなたの力をお借りすることがあるかもしれません。そのときはどうかよろしくお願いします。