世界規模のプロレスリングを興業するWWEの舞台で活躍した元女性プロレスラー・ペイジ(サラヤ・ジェイド・べヴィス)の実話に基づいた映画『ファイティング・ファミリー』(29日公開)から、ペイジを演じたフローレンス・ピューの場面写真が解禁になった。

【画像】映画『ファイティング・ファミリー』のポスタービジュアル

 原作はイギリスで放送された1本のドキュメンタリー作品。一風変わったレスリングにすべてを捧げたある家族のガッツあふれるストーリーが展開される。『女王陛下のお気に入り』(18年)などを手掛けたイギリスの製作会社『Film4 Productions』とコメディアンや俳優としての顔も持つスティーヴン・マーチャント監督がタッグを結成。

 ペイジ役のフローレンスのほか、その兄・ザック役はジャック・ロウデン、兄妹の父・パトリック役にニック・フロストなど実力派俳優が集結。さらに同作の本予告映像は、大のプロレス好きとしても知られるくりぃむしちゅーの有田哲平がナレーションを担当している。

(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.