1児の父でもある俳優の賀来賢人が『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』(2020年1月24日公開)に“謎のキャラクター”として出演することが19日、発表になった。同作のファンと明かす賀来は「恩返しという言葉はおこがましいかもしれませんが、映画の力に少しでもなれていたら幸いです。りさお姉さん、よしお兄さんが卒業の回では、涙が止まりませんでした」と愛を語っている。

【画像】すりかえかめんも登場するポスタービジュアル

 『おかあさんといっしょ』はNHK・Eテレで放送されている子ども番組で、1959年から放送が始まり、今年で60周年を迎える。「アイアイ」「ブーフーウー」「にこにこ、ぷん」「だんご3兄弟」など、同番組からはヒット曲や人気の人形劇も誕生。多くの子どもたちに時代を超えて親しまれている。

 昨年9月に『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで初の映画化がされ“映画館でいっぱい楽しもう!”がコンセプトの本作。4月からスタートした新しい体操「からだ☆ダンダン」、大人気の「ブンバ・ボーン!」や「シェイクシェイクげんき!」など人気曲が満載。お兄さんお姉さんたちと歌ったり踊ったり、親子で参加できるクイズも用意されている。

 また、いたずら好きで色々なものをすりかえてしまう人気キャラ“すりかえかめん”と“すりかえお嬢”が本作でスクリーンデビュー。賀来がどのような役で出演するのかは今後、発表される。

 賀来は「子どもが産まれて、朝バタバタしている時、なかなか泣き止まない時、色々なシチュエーションで『おかあさんといっしょ』に何度も助けていただきました。『おかあさんといっしょ』で言葉を覚え、歌を覚えダンスまで出来るようになりました。子どもにとっても僕にとっても大切な番組です」と父の顔としてのコメントを寄せた。