女優の葵わかなが18日、都内で行われた映画『キャッツ』(2020年1月24日公開)日本語吹替え版制作発表会に出席。同作で吹替え初挑戦となる葵は、「緊張していたんですが、すてきな楽曲を自分の声で歌えるのかと思うと本当にうれしく思いました」と笑顔を見せた。

【動画】圧巻の歌声!名曲「メモリー」を生歌唱した高橋あず美

 1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』を実写映画化した同作。日本を含め、二ヶ国のみで制作される吹替え版の主人公・ヴィクトリアの声を務める葵は、「私自身、とっても猫が大好きなのでそういう意味でもこの作品に関われて幸せです」と満面の笑み。「ヴィクトリアを通して、観ているお客様をキャッツの世界にいざなえるように精一杯演じていきたいです」と意気込んだ。

 作品のテーマにちなみ、「人生の中で一番のチャンスは?」と聞かれた葵は、「今年、ミュージカルで初めて舞台に立たせていただいて…。朝ドラが終わって1年経ったタイミングで舞台に立つべきかどうか悩んだ期間があったんですけど、作品に対する愛情が抑えられないくらいあって、これはやるしかない。やらなかったら死ぬ時に絶対思い出すなと思って、オーディションを受けることを決めました」と告白。「私が出たミュージカルの映像を日本のスタッフさんが、『キャッツ』のキャスティングの方に送ってくださって、この役をできることになったので自分にとって大きなチャンスだったと思います」と感慨深げに語った。

 この日は、グリザベラ役を務める歌手の高橋あず美が、同作の名曲「メモリー」を生歌唱し、美声を響かせた。発表会にはそのほか、山崎育三郎、ロバートの秋山竜次、森崎ウィン、大貫勇輔、大竹しのぶ、日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置も出席した。