今年放送50周年を迎えたフジテレビ系人気アニメ『サザエさん』が、「最も長く放映されているテレビアニメ番組」として、6年前に認定されたギネス世界記録を更新。また、フグ田サザエの声優を番組開始当初から務めてきた加藤みどり(80)が「同一のアニメ作品のキャラクターを最も長く演じてきた声優」としてギネス世界記録に認定された。17日、都内で行われた会見に出席した加藤は「本物ですよ。うわーありがとうございます!」とW受賞の喜びを語った。

【画像】似てる? 『サザエさん』のアニメに登場する大谷翔平

 1969年10月5日に放送を開始した『サザエさん』は、今年の10月で放送50周年に。これを記念して、フジテレビではあす18日からの1週間を「サザエさんウィーク」と題して、関連したさまざまな番組を放送していく。

 会見には、24日に放送されるスペシャルドラマ企画『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(後8:00)で、20年後のサザエさんを演じる女優の天海祐希(52)も出席。「加藤さん、ギネス世界記録更新されましたね。すごいことです」とギネス認定を祝福。加藤が「80歳になりました。人生100年なんだそうですから、あと20年ありますので、稼ごうかな」と笑わせると、天海も「サザエさん、続けてください」とエールを送った。

 加藤はここまで続けてこられた理由について「フジテレビがなくならなかったからです」とにっこり。スタート時は、アニメーションが手書きだったことを紹介しながら「キャリアがないのに、声優としてものすごい成長ができました。一生食べていけるだけの力をつけてくれた現場でした。ピリピリした現場でしたが、私は一番年下で入ったので、やりたいことをやっていてもいいと言われていました。アドリブを入れていたのですが、全部カットされました」と笑いを交えながら感謝の思いを伝えていた。

 24日放送のアニメ『サザエさん』では、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が出演することが決定。サザエさんがテレビ番組の企画でロサンゼルス旅行に当選し、一家で渡米するというストーリーとなっており、大谷選手からビデオメッセージが送られると、加藤は「本当にナイスガイですね」とうっとり。一方の天海は「サザエさんのアニメの中にも登場させてもらえるように精進しないといけないですね」と意気込んだ。

 最後のあいさつで、加藤は「本当に50年間フジテレビが潰れなくてよかった(笑)。今でも必ず台本と絵がピシッとできて…」とスタッフへの思いを込めながら「長谷川(町子)先生が、なんといっても強い味方でした。今まで通り、みなさんが見てくださるそういうお力添えをぜひいただきたい」と呼びかけていた。