俳優の役所広司が16日、都内で行われた映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の公開記念舞台あいさつに登壇。日本語吹替え版で声優を務めた宮野真守と沢城みゆきを絶賛し、2人も「声優やっててよかったです」と感激しきりだった。

【動画】大パニック!突然のムチャぶりにあたふたする宮野真守&沢城みゆき

同作で標高6000メートルでのアクション撮影に挑戦した役所は「アクション映画はもういいかな」と笑顔で過酷な撮影を振り返った。標高8848メートル、氷点下83度という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台にした同作。撮影で大変だったことを聞かれた役所は「監督が粘り強いといいますか、アクションシーンを何回もやるので『なにがダメなのかな?』と思いました」と撮影に苦戦したことを明かした。

 ワイヤーアクションにも初挑戦し「ぶら下がってるだけだからそんなに大変じゃないと思ってたんですけど、体中ロープに絡まってアザだらけになってましたね」と告白し、観客を驚かせるも、「ひとつの作品を時間をかけてつくるのは大変でもありますけど、じっくり腰を据えて自分の演じる役と付き合えたことは贅沢な経験でした」と感慨深げに語った。

 沢城は「セリフよりもアクションが物を言う作品だったので、今年イチ大変だったかもしれないです。とにかくやるしかないという思いで、リハーサルを自宅でたくさんしました」と明かすと、役所は「そんなにたくさん練習していたんですね。ぴったりでした」と絶賛。その言葉を受け宮野と沢城は「声優やっててよかったです」とうれしさを爆発させていた。