大みそか恒例『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が14日、発表され、俳優で歌手の菅田将暉(26)の初出場が決まった。

【紅白特集】出場者一覧 キスマイ、菅田将暉、日向坂46らが初出場

 菅田は主演舞台『カリギュラ』(東京・新国立劇場 中劇場)上演中とあり、NHKで行われた記者会見には出席せず、VTRでコメントを寄せた。

 「こんにちは、菅田将暉です。本日、舞台本番中のため記者会見には出席できませんでしたが、『NHK紅白歌合戦』に初めて出場させていただきます。今年は全国ツアーをさせていただいたりと改めて音楽を届ける楽しさをすごく感じた1年でした。大みそかには全国、そして世界中に歌を聴いてもらえるということで、精一杯、自分なりにやっていきたいなと思います。どうぞよろしくお願いいたします」

 9月6日に俳優デビュー10周年を迎えた菅田は、2017年6月に「見たこともない景色」でソロ歌手デビュー。多忙な俳優業と並行し、CDシングル4枚、アルバム2枚をリリースしてきた。ライブ活動も地道に行い、8~9月にかけて開催した4都市5公演のZeppツアーには約20万件もの応募が殺到した。

 なかでも、“盟友”米津玄師のアルバム『BOOTLEG』に収録された初コラボ曲「灰色と青(+菅田将暉)」(17年)のMVは、YouTubeで1億4300万再生を突破。続けて、菅田のために米津が作詞作曲プロデュースし、今年5月に配信リリースした「まちがいさがし」は、累計50万DL、ストリーミングは4000万再生、YouTubeのMV再生数は6500万回を突破するヒットを記録している。