俳優の伊藤英明が、主演を務める来年1月スタートのTBS系連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(毎週金曜 後10:00)で、自身が演じる救命救急医であり僧侶でもある主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の役作りのため剃髪し、袈裟を着た僧侶としての姿を初披露した。2年間伸ばし続けて肩につくほど長かった髪に、監督やプロデューサー、仏事監修を務める新倉典生(善立寺住職)をはじめとしたスタッフ全員がハサミを入れ、最後は伊藤自らがバリカンを手にし、現在の髪型になるまで剃り上げた。

【写真】長髪をばっさり…断髪中、凛々しい表情の伊藤英明

 同ドラマはビッグコミック増刊号で連載中の『病室で念仏を唱えないでください』(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)を映像化。異色の主人公・照円の奮闘を通して、「生きること」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマとなる。

 袈裟を着用し、僧侶の姿となった伊藤は「髪を切って坊主頭になって、すっきりしました。これまで2年以上髪の毛を伸ばしていて、久しぶりに短くなったので、気分が一新しましたね。私自身、この姿がとても気に入っています」と満足げ。「髪型だけではなく、袈裟にも初めて袖を通して、ここまで見た目が“僧侶”に変化したので、気合が入りました」と背筋を正した。

 なお、僧医である照円は僧侶としての仕事中もすぐに急患に対応できるよう、袈裟の足元にスニーカーを履いている。この一見アンバランスな見た目も照円ならではのスタイル。クランクインを控え「善立寺の住職・新倉さんに、合掌の作法や、数珠の持ち方など、その意味を含めて細かく指導していただいたので、身も心も変化して、いよいよ松本照円という役に入るのだなと、奮い立っています」と準備は万端。

 また新キャストも発表され、照円を僧医として病院に迎え、他の医師らとの衝突や僧医であることで迷う照円を陰ながら支える理事長・澁沢和歌子(しぶさわ・わかこ)に余貴美子、照円の上司である救命救急センター部長・玉井潤一郎(たまい・じゅんいちろう)に萩原聖人、照円に時に怪しげな取引をされながらも医療面での協力関係・個人的な友情を育んでいく整形外科医・藍田一平(あいだ・いっぺい)に堀内健が起用された。

 このほかにも、照円ら医師のサポートをする病棟クラークで、病棟内の人気者・小山内みゆき(おさない・みゆき)を唐田えりか、病院の清掃員として働き、病院のあらゆる事情に精通した謎の多いおばちゃんを宮崎美子、照円の幼なじみの父親・宮寺憲次(みやでら・けんじ)を泉谷しげる、そしてその憲次の娘である宮寺あや(みやでら・あや)土村芳が演じ、物語に彩を添える。