落語家の桂三金(かつら・さんきん、本名:奥野武志/おくの・たけし)さんが9日、脳幹出血のため大阪市内の病院で急死した。48歳だった。

【写真】35歳の若さで亡くなった女流落語家・露の雅さん

 三金さんは1971年大阪府生まれ。関西大学を卒業後、八光信用金庫(現・大阪シティ信用金庫)に就職したが、落語家への夢を捨てきれず、94年6月に桂三枝(現・六代桂文枝)のもとに入門した。六代桂文枝の9番弟子。平成20年11月『第3回繁昌亭創作賞』、平成15年『なにわ芸術祭新人賞』などを受賞している。

 今年は噺家生活25周年を迎え、10月26日に毎年恒例の『桂三金独演会』を天満天神繁昌亭にて開催。『大・大阪辞典』(六代桂文枝作)を披露し絶賛された。また、亡くなる直前の11月8日には天満天神繁昌亭・昼席『落語家25周年記念ウィーク』にも出演していた。

 通夜は12日、告別式は13日に大阪北玉泉院にて執り行われる。