2020年に東京パラリンピックを控え、アニメでパラアスリートのオリジナルストーリーを描く『アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~』。著名な漫画家とアニメ監督たちが一緒になって生み出す魅力的なキャラクターと豊かな物語で、パラスポーツをもっと身近に、もっと楽しく知ってもらうプロジェクトの第8弾は、ラブコメの名手・瀬尾公治氏が描くパラバドミントン。初回放送は、NHK・BS1で12日(後9:45~)。

【写真】声優の平野綾、テーマ曲の木村カエラ

 東京パラリンピックより正式競技に採用されたパラバドミントンを題材に、恋愛要素も織り込み、瀬尾氏が書き下ろし たス トーリーとキャラクターが登場。これまでと一味違う「アニ×パラ」に仕上がっている。

 主人公の声は、今年9月に日本のカルチャーを世界に発信するクールジャパン・アンバサダーに任命された平野綾(『涼宮ハルヒの憂鬱』涼宮ハルヒ、『それいけ!アンパンマン』コキンちゃん、『FAIRY TAIL』のルーシィ・ハートフィリアなど)。

 朝比奈翼(CV:平野)と秋月龍之介(CV:斉藤壮馬)は幼なじみ。お互い張り合ってケンカしつつも、いつの間にか異性として意識する相手に。高校では同じバドミントン部に入っ た2人。しかし、翼が交通事故で車いす生活に。新たに翼が始めたのがパラバドミントンだった。

 瀬尾氏は、1996年漫画家デビュー。2004年『涼風』、08年『君のいる町』、14年『風夏』など、ラブコメディー漫画のヒット作を立て続けに生み出している。今回の取り組みに、瀬尾氏は「パラスポーツへの興味を深めたり『日本のアニメすごい!』と感じていただけたらうれしいです」と、コメントを寄せている。

 テーマ曲は、歌手の木村カエラが担当。今回の物語とパラバドミントンという競技を、自身の解釈で歌詞に落とし込み、バドミントンのシャトルをスペースシャトルになぞらえた、遊び心も。聴くと元気が湧いてくるような楽曲で、作品を盛り上げる。

 題材となったパラバドミントンは、大きく分けて「車いす」と「立位」の2つに分類され、さらに障害の程度にあわせ、合計6クラスで構成されている。基本的にコート、ラケット、シャトルは通常と同じものを使用。大会ではシングルスとダブルスの試合が行われ、クラスによっては速く激しいラリーもみどころになっている。

■アニ×パラ番組ホームページ
http://nhk.jp/anipara