おニャン子クラブを卒業後、演歌歌手としてソロデビューし34年目を迎えた城之内早苗が8日、アルバム『早苗歌』(10月23日)の発売を記念した歌唱イベントを、東京・イオン葛西店の特設ステージで開催した。オリジナルアルバムとしては実に32年ぶり。このリリースについて城之内は、「挑戦しているなと捉えていただければ嬉しいなと。いろんな曲に挑戦していますし、令和からまたスタートだと思っています」と語り、ファンに向け力強く“所信表明”した。

【写真】大きなワイングラスを手に…ゆうたろうがサプライズ登場

 昨年、レコード会社を徳間ジャパンコミュニケーションズにと移籍した城之内。大勢のファンや買い物客が詰めかけるなか、モダンな着物姿で登場すると、「今日はせっかくですから新しい曲ばかり聴いていただきたいなと思います」と笑顔であいさつし、最新シングル「恋待ち夜雨」(19年6月発売)や代表曲「あじさい橋」の“令和バージョン”、書き下ろしの「夏泊恋歌」など、本アルバムの収録曲を次々と披露。

「年に2回ぐらい行くカラオケで1人じっくり噛みしめながら歌っている曲を、このアルバムに入れさせていただきました。歌っている方との接点はありません(笑)」と言いながら披露したのは、収録曲でもある石原裕次郎「北の旅人」のカバー。歌い終えるとそこに再びイントロが流れはじめ、城之内はキョトン顔。すると彼女の前に、石原裕次郎のものまねでお馴染みのタレント・ゆうたろうが姿を表した。

「僕の歌を歌っていただいて本当に嬉しく思います。今日は、早苗ちゃんのために天国から33年ぶりに帰ってまいりました」(ゆうたろう)とあいさつすると、城之内は「やだぁ、もう。また音が出てきたので、機材トラブルかと思いました」と笑顔。突然のサプライズに、「ご本人のような方とご一緒できるとは(笑)…ちょっと胸が熱くなりました」(城之内)と話し、その後はコミカルな掛け合いをみせ客席を楽しませた。