葛飾北斎生誕260周年となる2020年初夏に公開予定の映画『HOKUSAI』から、俳優の柳楽優弥が演じる青年期の北斎が筆を構える姿を捉えたティザービジュアルが解禁された。さらに、北斎の“ここがスゴイ!”を1分に凝縮&柳楽と老年期の北斎を演じる田中泯の姿を収めた初の“W北斎”特別映像が解禁された。

【動画】柳楽優弥&田中泯、“W北斎”お披露目映像

 2020年春に新たに刷新される新パスポートや24年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、改めて脚光を浴びる世界的アーティスト・葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ドガなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人。米「LIFE」誌“この1000年で偉大な業績を残した100人”にも日本人で唯一選ばれた。そんな北斎の知られざる生涯をひも解いていくのが本作だ。

 今回、解禁された超ティザービジュアルは、北斎の代表作として知られ、海外では「THE GREAT WAVE」の呼称で愛される代表作「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に筆を構える、柳楽演じる青年期の北斎、という構図。柳楽の質素な着流し姿で情熱に満ちた鋭いまなざしが印象的だ。

 「その筆に宿る、狂気。」というコピーが、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた日々を経て、晩年に大成した後も芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた、北斎の波乱万丈な画狂人生を象徴する。

 あわせて解禁された特別映像では、世界的アーティスト葛飾北斎のスゴさをポップなテイストでギュッと1分に凝縮。英語、フランス語、中国語に翻訳されたバージョンも用意され、世界同時解禁された。

 映像には、平均寿命が40歳と言われた時代に、70歳を超えてから人生のピークを迎え、90歳という天寿を全うしたことや、娯楽が庶民を堕落させるものとみなされた時代に生涯を通して3万点以上の作品を描いたと言われていること、世界中のアーティストや美術史への多大な影響など、葛飾北斎に関するエピソードが散りばめられている。

 また、映像の最後には柳楽と田中が演じる2つの時代の北斎が作品に向き合う様子も初披露。田中は北斎の自画像を参考に容姿を似せるために頭を剃るなど、徹底した役作りを見せている。

 現存する「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の版画が、2017年に米ニューヨークのオークションで1億円以上で落札されたほか、世界各地で「北斎展」が開催されるたびに観客が殺到するなど、世界中で今なお愛され続けている葛飾北斎の魅力を、本映像を皮切りに世界中にアピールしていく。