上沼恵美子と松本人志の対談が、きょう8日放送のカンテレ『快傑えみちゃんねる』(毎週金曜 後7:00~8:00※関西ローカル)で実現。一切NGなしのガチンコ本音トークを繰り広げる。

【番組カット】ぶっつけ本番でトークを繰り広げる上沼&松本

 収録は、10月某日カンテレ大阪本社スタジオで行われた。同番組は、上沼が司会を務めるバラエティー番組で1995年7月10日に放送を開始し、2019年3月1日に放送1000回を迎えた、関西の長寿バラエティー番組。女性のメイン司会で、現在もゴールデン帯に関西で放送されている民放バラエティー番組として最長記録を更新し続けている。

 昨年末の『M-1グランプリ2018』で、上沼が松本に同番組への出演を直接オファーしたことから、今回の共演が実現。上沼は「松本さんとは初対面ではないけれど、1対1で話すのは初めて。妙な緊張感…」といいながらスタジオに入った。今回の収録にあたって、台本はなく、楽屋挨拶や顔合わせもあえて行わず、スタジオに入るのも別々の入り口からという、まさにぶっつけ本番で収録が始まった。

 いつになく緊張の面持ちで登場した松本は、「上沼さんに嫌われてると思っていたから直接オファーを受けたとき驚いたんですよ」と明かすと、上沼は30年前のあるエピソードを語り、ずっとダウンタウンの大ファンであったことを告白。怒涛のフリートークを展開する中で、昨年の『M-1』での炎上騒動へと話題が移り、上沼が「もう時効なので…」と、これまで一切話されてこなかった騒動の後日談を激白する。

 さらに、「共演NGのゲストはいるのか?」というきわどいテーマへと展開し、松本が「唯一あるとするならば…」とぶっちゃけ。影響力のある大物として注目される松本だが「この人にだけは勝てない」と思うある人物を打ち明けると、上沼も「あの人には太刀打ちできない」と認めるなど、2人ならではのトークが繰り広げられた。

 この対談と併せて放送される総集編コーナーでは、草刈正雄、火野正平、作家・渡辺淳一、スキージャンプ選手・葛西紀明など、放送開始以来、約24年間に出演した大物ゲストの蔵出し映像を一挙公開。都はるみ、森昌子が上沼に明かした芸能界引退と復活秘話など、貴重なトーク映像が公開される。