お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介が、いとこで絵本作家の北村絵里氏と共作した絵本『なかよしっぱな』(小学館 ぴっかりえほんシリーズ)を22日に発売することが決定した。福徳にとって、絵本作家メジャーデビュー作となる。

【写真】バレンタインの予定を明かしたジャルジャル

 2017年には、北村氏との共作『まくらのまーくん』で第14回タリーズピクチャーブックアワードの大賞を受賞(タリーズ店舗のみで発売)。今回の作品は、ジャルジャルの2人を彷彿とさせるような仲のいい鼻の穴コンビが主人公となっている。

 右の鼻の穴は「みぎっぱな」、左の鼻の穴は「ひだりっぱな」。右が左で、左が右のややこしさがクセになる言葉遊びで楽しみながらも、ふたりでひとつの鼻の穴コンビが、ひとりぼっちになったときの気持ちも描き出した、ユニークでちょっとホロリとする内容に仕上がった。