人気グループ・ジャニーズWESTの小瀧望が、12月21日にフジテレビ系で放送される、加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬(まり)唄~金田一耕助、再び~』(後9:15)に出演することが、わかった。加藤演じる金田一耕助が訪れる物語の舞台、鬼首村(おにこうべむら)にある温泉旅館・亀の湯の女主人・青池リカ役には女優の寺島しのぶ、リカの息子で美しき容姿の青年・青池歌名雄(かなお)役を小瀧が演じる。二人は悲しい過去を背負いながらも固い絆で結ばれる親子役として、今作で初共演を果たす。

【場面カット】小瀧望と親子役で出演する寺島しのぶ

 いわずとしれたミステリー&ホラー小説界の巨匠・横溝正史が生んだ金田一耕助シリーズは“探偵推理小説の金字塔”として圧倒的人気を博し、昭和、平成と時代を越えて幾度となく映像化されてきた不朽の名作群。なかでも『悪魔の手毬唄』は横溝自身が傑作と語ったミステリー作品で、怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれる。

 リカは歌名雄と娘の里子を子に持つ母親。20年前、里子を妊娠中に悲惨な事件で夫の源次郎を亡くしていた。その犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。その事件以来、女手一つで歌名雄と里子を育て上げ旅館を切り盛りしてきた。美しく聡明なリカは、その事件以降岡山県警の磯川常次郎警部に気にかけてもらっており親しい関係を築いている。目下の悩みは愛する息子のこと。歌名雄と、村一番の実業家である仁礼家の娘・文子との縁談話が持ち上がっているのだ。しかし、当の歌名雄は、由良家の娘・泰子と恋仲であり、いつか二人が駆け落ちするのではないかと、落ち着かない日々を送っている。

 子供を持つ母親である寺島が演じるリカは、母としての強さと女性としての妖艶さを兼ね備える魅力的な人物。そんなリカを母親に持つ歌名雄は村の男性陣の中で随一の色男。端正な顔立ち、誠実な性格の歌名雄に対し思いを寄せる女性は数知れず。恋仲の泰子と結婚の約束をしているが、女手一つで育ててくれた母親や、顔の半分を大きな赤いあざに覆われた妹・里子、さらには亀の湯の経営のことを考えると自分の思いを貫いていいのか悩みは尽きない。そんな中、泰子が滝つぼで死んでいるのが発見されるという悲劇が歌名雄に降りかかって…。

 小瀧は「今まで出演してきたドラマのテイストと全然違いましたし、『かなり難しいな!』と思いました。個人的な印象ですが、この役が僕にとってターニングポイントになる気がしています。難しい役どころですが、僕の人生において大事な役になるんじゃないかなと思っています。大事な人を失う喪失感と犯人への怒りは常に抱いている感情だと思うのでそこは忘れないように心がけています」と苦戦しつつも新境地開拓に意気込みを語る。

 また、2016年放送の単発ドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』(日本テレビ)以来3年ぶり2度目の共演となる小瀧に、加藤は「歌名雄は難しいキャラクターだと思います。男ですけど“悲劇のヒロイン”のような人物。(小瀧と)お互いの成長を感じられたらうれしいです」と再共演に喜びのコメント。

 対して小瀧は「加藤くんとは約3年ぶりですけどそんなに久しぶりな感覚はないですし、またご一緒できてすごくうれしいです! 大先輩に囲まれている現場ですが皆さん優しくて。監督が若干怖めなので(笑)、生瀬(勝久)さんや寺島(しのぶ)さんにとても助けられています」と現場での様子を報告。「クリスマスの時期に戦慄のドラマが放送されるわけですが・・・。悲しくて残酷な物語ですけど、愛の物語でもあると思います。“こんな話もあるんだな”と思いながら幸せなクリスマスを過ごしてほしいですね(笑)」と呼びかけている。