NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』の「うたのお兄さん」を歴代最長の9年間務めた“だいすけお兄さん”こと、横山だいすけ(36)が、きょう6日に一般女性との結婚を自身のブログおよび公式サイトで発表。ブログには、祝福の声が相次いでいる。

【写真】あつこお姉さん、だいすけお兄さんの卒業に号泣

 横山は「突然の報告になりますが」の切り出しで結婚を発表。お相手は「一般女性の方」と紹介し「お付き合いは数ヶ月ですが、どんな時も、この人とだったら幸せな家庭を築けると思い、結婚の運びとなりました」と明かした。

 「歌のお兄さんを務めた9年を合わせ子ども・家族に勇気や希望の歌を届けたいと活動を続け12年目となりました。その間、沢山の家族の笑顔に出会いました。自分自身もいつか笑顔溢れる家庭を築きたい!という夢を持ち続け、今日ここに結婚のご報告ができますこと幸せいっぱいです」と喜び「結婚を機に、今まで以上にみんなが笑顔になれるよう精進してまいります」と決意を新たにした。

 横山からの報告を受け、ブログのコメント欄には「奥様になられた方は幸せ者ですねっ いいな」「正直うれしいような悲しいような…でもだいすけお兄さんが幸せになってくれるなら私たちは応援しますー! 祝福しますー!!」などの言葉や「これから、ますますあたたかく優しい歌声を届けてくれることと思います」など応援の声が続々と届いている。

 横山は、千葉県出身。国立音楽大学卒業後に劇団四季に入団し、舞台『ライオンキング』などに出演。2008年よりNHK教育番組『おかあさんといっしょ』の第11代目うたのお兄さんを務め、2017年4月に同番組を卒業した。同年、アニメ映画『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』で声優に初挑戦したほか、同年、7月期のフジテレビ系ドラマ『警視庁いきもの係』で連続ドラマに初挑戦するなど、歌手や俳優として活躍している。