NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』の「うたのお兄さん」を歴代最長の9年間務めた“だいすけお兄さん”こと、横山だいすけ(36)が、きょう6日に一般女性と結婚した。同日、公式サイトおよび自身のブログを通じて発表した。

【写真】あつこお姉さん、だいすけお兄さんの卒業に号泣

 横山は「突然の報告になりますが、私横山だいすけは、本日11月6日婚姻届を提出し結婚致しました」と報告し「お相手は一般女性の方となります。お付き合いは数ヶ月ですが、どんな時も、この人とだったら幸せな家庭を築けると思い、結婚の運びとなりました」と経緯を説明。

 続けて「歌のお兄さんを務めた9年を合わせ子ども・家族に勇気や希望の歌を届けたいと活動を続け12年目となりました。その間、沢山の家族の笑顔に出会いました。自分自身もいつか笑顔溢れる家庭を築きたい!という夢を持ち続け、今日ここに結婚のご報告ができますこと幸せいっぱいです」と喜びを記した。

 最後は「結婚を機に、今まで以上にみんなが笑顔になれるよう精進してまいります」と決意を新たにし「今後ともよろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 横山は、千葉県出身。国立音楽大学卒業後に劇団四季に入団し、舞台『ライオンキング』などに出演。2008年よりNHK教育番組『おかあさんといっしょ』の第11代目うたのお兄さんを務め、2017年4月に同番組を卒業した。同年、アニメ映画『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』で声優に初挑戦したほか、同年、7月期のフジテレビ系ドラマ『警視庁いきもの係』で連続ドラマに初挑戦するなど、歌手や俳優として活躍している。