歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが6日、都内で行われたスマホ決済サービス『メルペイ』の新キャンペーンは発表会に出席。最近『メルカリ』を始め、匿名で私物と販売していると打ち明け会場を驚かせた。

【全身ショット】水色のキュートなドレスで登場したきゃりーぱみゅぱみゅ

 洋服が増えると管理するのが苦手だというきゃりーは、「今までは1着買うと、1着処分することが多かった」と告白。それを見ていた友人から『メルカリ』を勧められ、「今では商品が売れたか毎朝チェックするのが楽しみ。きょうの朝も一つ売り切りました」と日課になっていることを明かした。私物を販売することについては「大切なものだけど、それを誰かが大切に使ってくれるのはうれしい」と声を弾ませた。

 今回のキャンペーンで、キーワードを入力し10万人登録を達成すると、きゃりーが新曲を披露するという「ぱみゅぱみゅチャレンジ」も発表された。きゃりーは「10万人を超えてもらいたいし、新曲も歌いたいなと思う。この企画でどんな楽曲になるかも楽しみ。ぜひ登録をお願いします」と呼びかけた。

 『メルペイ』は、フリマアプリ『メルカリ』で使用できるスマホ決済サービス。売上金などを『メルペイ』に残高をチャージすることで、スマートフォンを使ってお店や『メルカリ』で買い物ができる。同キャンペーンは、キャッシュレスに消極的な若年層を中心に、増税前にキャッシュレスの利便性やお得さを体感する機会の創出を目的としている。今年8~10月まで行われたキャンペーンが好評だったことから、第2弾として、きょう6日から実施する。