NHK教育テレビ『できるかな』で長年子どもたちから親しまれてきた“ノッポさん”が6日、東京・キットカット ショコラトリー銀座本店で行われた『折り鶴で、想いを伝えるクリスマス』のメディア発表会に出席した。

【写真】完成した折り鶴を持って笑顔のノッポさん

 同イベントは、キットカットの紙パッケージで作った折り鶴に、大切な相手へのメッセージを書き込み、店内に展示できる参加型イベント。きょう6日から12月25日まで開催され、同商品の新CMに出演しているノッポさんが、ひと足早く挑戦した。

 当時と変わらぬ、スムーズな手付きで折り鶴を完成させたノッポさん。キャラクター通り、無口のままジェスチャーで感情を表現していたが、イベント終盤になると「あぁ~、しゃべっちゃった」と、我慢できずにポツリ。続けて「本当は、おしゃべり。初っ端からしゃべりたかったんだよ」とぶっちゃけると「(無口は)ツラいんだよね…」と笑い飛ばしていた。

 まさかの“ノンストップトーク”を展開すると「昔からおチビさんが好き。そしてそのおチビさんを育てた親御さんも好き。人が人に優しくするのを見るのが好きなんです」と満面の笑み。写真撮影中も「踊りますから、撮っててね~」と声をはずませるほど“舌好調”だった。