俳優の田中圭が主演、吉田鋼太郎がヒロインを演じて人気を博したドラマの新シーズン『おっさんずラブ-in the sky-』(毎週土曜 後11:15~深0:05)が、2日に放送開始。第1話の番組平均視聴率5.8%。2017年10月に誕生した土曜ナイトドラマ枠で過去最高記録(19年11月5日現在)となる好スタートを切った(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【動画】主題歌入り60秒PR解禁

 2018年4月期に放送された前作は、初回2.9%からスタートし、回を重ねるごとに話題が話題を呼んで、最終回では5.7%を獲得するまでに(全7話平均4.0%)盛り上がり、社会現象を巻き起こした。今夏には劇場版も公開され、動員185万人、興行収入25億円を突破(10月21日現在)。大きな注目が集まる中、始まった新シリーズ第1話の放送中も、ツイッターのトレンド日本1位を獲得するなど、『おっさんずラブ』人気の健在ぶりを世に知らしめた。

 新シリーズは、田中演じる主人公・春田創一が、航空会社「天空ピーチエアライン」で新人CA(キャビンアテンダント)として奮闘しながら、ピュア過ぎるおっさんたちと恋愛バトルを繰り広げるストーリー。機長・黒澤武蔵役の吉田、副操縦士・成瀬竜役の千葉雄大、整備士・四宮要役の戸次重幸などがレギュラー出演する。
 
 第2話(9日放送)は、春田が転職初日に見つけてしまった大量のデッサンを描いたのは、なんと同じ寮に住む兄貴分の整備士・四宮だった!? 第1話で春田にキスをお見舞いした謎の副操縦士・成瀬には、 突然パワハラ疑惑が浮上し、パイロット資格はく奪の危機に…。春田は、広報部員の橘緋夏(佐津川愛美)と、ひょんなことからデートに出かけることになる。そして、”恋の病”にかかってしまった機長の黒澤は、ある日突然、春田を呼び出し、空港の中心で愛をさけぶ!?  早くも大渋滞をはじめる“恋の滑走路”。今後の展開やファンの反響にも注目だ。