映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)のプロモーションのため、アーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンが4日、千葉・成田空港に到着。来日を心待ちにしていた200人以上ものファンが出迎えた。

【動画】『ターミネーターNF』最新クリップ

 2015年以来、4年ぶりの来日となったシュワルツェネッガーは、年齢を感じさせない引き締まったボディに満面の笑みを浮かべてロビーに現れると、ファンに向けて大きく手を振った。長旅の疲労を見せることなく、さっそく、サインや写真撮影などのファンサービスで、歓迎に応えたシュワルツェネッガー。「日本に来るのはいつもとてもうれしいよ。今まで日本には映画のプロモーションでも、プライベートの休暇としても州知事としても、来たことがある。今回もいい時間を過ごせることを楽しみにしているよ」と、ファンにお礼を述べながら空港を後にした。

 『ターミネーター2』(1991年)以降、久々のシリーズ復帰となったリンダの姿を間近で見たファンの興奮も凄まじく、涙ぐむ人も。「ターミネーター」シリーズで、シュワルツェネッガーとリンダがそろって日本でプロモーションを行うのは、なんと今回が初。この日は、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエスも続々と到着ロビーに姿を現し、ファンにアピールしていた。

 シュワルツェネッガーたちは、5日に来日記者会見、6日に東京・新宿歌舞伎町ゴジラ・ロードでジャパンプレミアイベントが予定されている。新旧レジェンドたちに直接会える貴重な機会とあって盛り上がりは必至だ。

 新作映画は、映像の革命児として常にハリウッドをリードし続けるジェームズ・キャメロンと、『デッドプール』のブッ飛んだ脚本と演出で一躍高い評価を得たティム・ミラーがタッグを組み、『ターミネーター2』の世界を踏襲しながらも、過去作を遥かに凌ぐ迫力とスピード感で進化した「ターミネーター」の世界を描き出す。