芸能界屈指の「スター・ウォーズ」ファンとしても知られる、歌舞伎俳優・市川海老蔵が監修・主演を務める“スター・ウォーズ歌舞伎”が11月28日に都内で上演されることが発表された。映画シリーズの根幹をなす「家族の愛と喪失」をテーマに、「スター・ウォーズ」の世界観を最先端の映像技術と、日本の伝統芸能である歌舞伎とで融合させた1 日限りのスペシャルパフォーマンスとなる。あす5日より、スター・ウォーズ公式サイトもしくは公式ツイッターで観覧の応募概要が掲載される予定だ。

【写真】『ハン・ソロ』のプロモーションにも参加していた海老蔵

 海老蔵が演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)から登場し、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となった“カイロ・レン”。彼は父親であるハン・ソロとの親子関係に葛藤し、上司であるスノークとの確執、そして唯一無二のジェダイマスターにして師でもあるルーク・スカイウォーカーとの関係に悩み、正義と悪の狭間で揺れ動くキャラクター。スター・ウォーズ歌舞伎では、『フォースの覚醒』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17年)のポイントとなる3シーンを3部構成で演じる。

 1977年生まれ海老蔵は「スター・ウォーズ」と“同い年”(シリーズ
第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は全米で1977年に公開)。また、父である市川團十郎さんと初めて映画館で観た作品が『スター・ウォーズ』であったこと、さらに海老蔵さん自身も父親という立場であるなど、父から子へ世代を超えて受け継がれる「スター・ウォーズ」との深い縁を感じさせる。

 海老蔵は「スター・ウォーズ歌舞伎で描かれるのは、40 年以上にわたるスカイウォーカー家の愛と喪失の物語です。スター・ウォーズが好きな方も、歌舞伎が好きな方も、お楽しみいただける舞台になってます。是非、お越しください」とアピールしている。

 42年にわたってスカイウォーカー家の物語を描いてきた「スター・ウォーズ」の完結編、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、12月20日、日米同時公開。世代を超えて描かれてきた“光と闇”の戦いがカイロ・レン、そして類まれなフォースを覚醒させたレイへと引き継がれていく。