『仮面ライダービルド』(テレビ朝日)でヒロインを演じた高田夏帆が主演し、劇中歌を歌ったRCCテレビ60年特別企画リリーフドラマ『恋より好きじゃ、ダメですか?』(中国放送)が、『2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』メディアクリエイティブ部門の最高賞、総務大臣賞/ACCグランプリを受賞し、1日に行われた授賞式に出席した。

【写真】カープユニを羽織り笑顔の高田夏帆

 同アワードは、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年より開催されてきた広告賞『ACC CM FESTIVAL』を前身とし、2017年よりその枠を大きく拡げ、あらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアル。名実ともに、日本最大級のアワードとして広く認知されるようになり、総務大臣賞/ACCグランプリは、クリエイティブ業界で活躍する関係者の大きな目標となっている。

 そんな栄えある総務大臣賞/ACCグランプリに輝いた『恋より好きじゃ、ダメですか?』は、広島カープ戦の野球中継が早く終わった時にのみ放送された、放送日未定の異例のドラマ。“リリーフドラマ”という新しいジャンルを切り開いた連続テレビドラマで、最高視聴率23.0%(ビデオリサーチ調べ、広島地区)を記録した。高田にとっては、ドラマ初主演作で、劇中歌「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」でCDデビューもした記念すべき作品でもある。

 カープを意識した真っ赤なワンピース姿で授賞式に出席した高田は満面の笑み。カープのユニホームも羽織り、華を添えていた。