女優の佐久間由衣が4日、都内で開催中の『第32回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』(12月6日公開)の舞台あいさつに登壇。同作が佐久間にとって初主演の映画となり、目を潤ませながら「強烈なタイトルですけど、中身はすごく温かい。みなさんの背中を押すような作品になればと思います」と語った。

【集合ショット】舞台あいさつには小関裕太や大後寿々花らも登壇

 オファーが届いたときの心境を聞かれた佐久間は「1年半以上前なんですけど、タイトルだけを見たら『私、お嫁に行けなくなるのかな?』と思いました」と会場の笑いを誘うと、「台本を読むと精神的なビッチというのではなく、承認欲求と向き合う話だったので、挑戦させていただきたいなと思いました」と決心に至った気持ちを明かした。

 トークセッションで「やってみたいモテテクニック」を聞かれると、佐久間は「お酒の力を借りて、甘えられたらいいなあって思います。普段はお酒をあまり飲まず、飲んでも外れることがないので、こういうふうにできたらなと」と願望も語っていた。

 この日は、村上虹郎、小関裕太、大後寿々花、三木康一郎監督も出席した。

 同映画の主人公で26歳独身女・ひろみ(佐久間)の趣味は異性にもてること。そんなひろみに対し、シェアハウス仲間は「最低の“隠れビッチ”」と言うも、彼女の耳には届かず。ある日、本気で好きになる安藤(小関)と出会うも振られてしまいショックを受ける。自分自身を隠れビッチということを認め、封印してきた過去と向き合い、本当の幸せに気付いていくラブストーリーが描かれる。