大手芸能事務所・ホリプロから誕生した初の男性ダンス&ボーカルグループ「WATWING」(ワトウィン)のメンバー4人目として、長野県出身・大学4年生、古幡亮(ふるはた・りょう 21)の所属が5日、明らかになった。

 同グループは、2019年『Star Boys Audition』により結成。6月の最終オーディションによるメンバー決定から現在に至るまで、毎日過酷なダンストレーニング、ボーカルレッスンを行っており、2020年デビューを予定。グループ名の「WAT」はスラングで「何?」、「WING」は「翼」。「誰に何を言われようと、自分達の想いを貫いて羽ばたいて行きたい」という想いが込められている。

【写真】古幡亮の所属を発表 インスタでも報告

 古幡は、1997年11月8日生まれ、長野県出身。身長174センチで、趣味はダンス、海外旅行。都内の大学に通う大学4年生で、15歳からダンスを始める。s**t kingzに憧れて上京し、オーディションから圧倒的なダンススキルを披露し、全員一致で合格。優しい性格と責任感の強さでグループリーダーを務める。

 古幡は「僕の人生に影響を与えてくれたアーティストグループは2組です。まずは世界的なアーティストBIGBANG。彼らの作品を見た時、僕の体に電撃が走ったのは今でも忘れられない感覚です。そしてもう1組は日本を代表するダンスグループのs**t kingzの4人。彼らのダンスを見た瞬間から僕は彼らの背中を追いかけ、彼らに憧れて上京しました。そして、僕は現在ダンサーとしても活動しています」。

 「今まで自分が信じてきた道での経験を活かし、仲の良すぎる6人で突っ走っていきます! 最高な音楽とパフォーマンスを皆さんにお届けし、僕ら自身も音楽の一部になって楽しむことを忘れない! WATWINGの由来でもある世界中のみんなと僕らがこの活動を通して一つに繋げられたら幸せです! ホリプロから世界に通ずるアーティストを目指します!」と決意を新たにしている。

 きょう5日までに、宮城県出身・鈴木曉、高校1年生・桑山隆太、大学2年生・八村倫太郎の所属が発表されている。

【古幡亮】
@ ryofuruhata__
https://instagram.com/ryofuruhata__?igshid=r7c1o284uiz0