大手芸能事務所・ホリプロから誕生した初の男性ダンス&ボーカルグループ「WATWING」(ワトウィン)のメンバー3人目として、神奈川県出身・大学2年生の八村倫太郎(はちむら・りんたろう 20)の所属が4日、明らかになった。

 同グループは、2019年『Star Boys Audition』により結成。6月の最終オーディションによるメンバー決定から現在に至るまで、毎日過酷なダンストレーニング、ボーカルレッスンを行っており、2020年デビューを予定。グループ名の「WAT」はスラングで「何?」、「WING」は「翼」。「誰に何を言われようと、自分達の想いを貫いて羽ばたいて行きたい」という想いが込められている。

【写真】2人目は…現役男子高校生の桑山隆太

 八村は、1999年7月28日生まれ、神奈川県出身。身長178センチで、趣味はダンス、水泳。都内の大学に通い、ダンスは大学に入ってから始める。初心者ながら日々のトレーニングを重ね、サークルの代表に就任(オーディションに合格し、現在は代表を辞任)。オーディションの時から、表現力はこのグループ随一。歌とダンスの時の表情に審査員はくぎ付けになり見事合格を果たす。KRUMPダンスを得意としており、大きな体格を活かしたダイナミックなダンスが魅力。

 八村は「僕はずっと芸能界に憧れを持っていて、数々のオーディションに挑戦していました。ホリプロのオーディションも今回ので3回目の挑戦でした。三度目の正直でやっと自分のやりたかった事に一歩踏み出すことが出来ました」。

 「自分が大好きな音楽を、ダンスと歌を通して、老若男女問わず、国問わず、世界中の人々の心を震わすエンターテイメントとして届けていきたいと思っています!! そして、WATWINGの曲が、パフォーマンスが、1人でも多くの人の活力となったらとてもうれしいし、そうなるよう突っ走っていきます!!」と力を込めている。

 きょう4日までに、宮城県出身・鈴木曉、高校1年生・桑山隆太の所属が発表されている。

【八村倫太郎】
@rintaro_hachimura
https://instagram.com/rintaro_hachimura?igshid=1jnw12z88asc3