ラグビー日本代表の田村優選手が10月31日、『ENEOS侍ジャパンシリーズ2019』日本vsカナダとの強化試合(沖縄セルラースタジアム)で、自身初の始球式を行った。始球式を終えて「(自身の投球は)100点です(笑)はじめて投げました。今回沖縄で投げることが出来て大変光栄です。僕のおじいちゃんおばあちゃんもいますので、良いところ見せれたかなと思います」とコメントした。

【動画】“ノールック投法”で会場を沸かせた石原さとみ

 田村選手は正確なキックを武器にラグビーワールドカップで大活躍。1次リーグでは得点王にもなり、日本の司令塔としてベスト8進出に貢献した。

 この日、球場を埋め尽くした大観衆に迎えられて登場した田村選手は、上半身侍ジャパンのユニフォームに背番号10の数字を身にまとい、ゆっくりマウンドに向かった。場内の雰囲気を味わうようにマウンド上でグルリと肩を回して投球動作に入ると、勢いよく投げた投球は見事ど真ん中に突き刺さりストライク。球場全体が大きな盛り上がりを見せた。

 投球を終えた田村選手は報道陣のインタビューに答え、「プレッシャーあると思いますが、すばらしい舞台だと思うので楽しんで100%でやって欲しいと思います。目標も僕らより高い位置に設定していると思うので、有言実行で日本に力を与えてくれると思います」と侍ジャパンへエールをおくり、「次はこの野球をサポートして戴ければスポーツで日本が盛り上がるので、凄く良いんじゃないかなと思います」と日本中のファンにも呼びかけた。