Hey! Say! JUMPの薮宏太が、2020年4月に東京・日生劇場にて、その後5月に大阪・オリックス劇場で上演するミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』で主演を務めることが1日、発表された。

■薮宏太のTV出演歴

 同作は、『キャッツ』や『オペラ座の怪人』を生み出した作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーと、『エビータ』『ライオンキング』などの作詞を手掛けたティム・ライスが、まだ学生時代だった頃に初めてタッグを組んで生み出した、両巨匠の原点ともいえるミュージカル。イギリス・ウェストエンドで上演された際も好評を博し、1982年のトニー賞にノミネートされた。

 旧約聖書「創世記」の「ジョセフの物語」をベースに、波乱に満ちたジョセフの人生が全編楽曲でつづられ、数奇な運命を辿るジョセフの人生に相応しく、ロック、バラード、シャンソン、カントリー、ロカビリー…と、実に多彩でさまざまなジャンルの楽曲が演奏されるなど、天才作曲家がまさに誕生した、瑞々しい希望に満ちた作品となる。

 演出は、『ミス・サイゴン』(2014)演出補、『ゴースト』(2018)演出などを手掛けたダレン・ヤップが担当、上演台本・訳詞は、数々の翻訳ミュージカルの訳詞、脚本で珠玉の言葉を紡いできた高橋亜子氏が手掛ける。

 薮は主人公ジョセフを演じ、物語の進行を歌で導いていくナレーター役は、澄み切った声と透明感あるすみれと、情感豊かに歌い上げる確かな存在感のシルビア・グラブがWキャストで務める。また、エジプトに辿り着いたジョセフが仕えるファラオ役に小西遼生、エジプトの富豪ポティファー役に小浦一優(芋洗坂係長)、ジョセフの父ジェイコブはに村井國夫と、多彩な実力派キャストがそろう。

 薮は「今回の舞台のお話をいただいた時に、全編を歌で進めていく作品と聞いて『え!?』と一瞬驚いてしまって。でも、僕を選んでいただいたことが何より光栄ですし、これは今の自分がやるべき作品だな、と思いました」といい「ミュージカル界の巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバーさんが学生時代に作った処女作で、聖書をもとにした物語。この夏に、僕もロンドンに行ってこの舞台を観てきました。ポップスやロックなど、さまざまなジャンルの歌を歌うので、僕にとっては本当に大きな挑戦です」と意気込み。

 「今は誠心誠意やるしかない!と思っていますね。僕が演じるジョセフは、真っ直ぐで、誠意があって、人の痛みがわかる人。夢を読む力を持った、どこかカリスマ性のある人物です。説得力を持たせられるよう、しっかり探っていって、自分なりのジョセフを演じられたらなと思っています。お客さんをハッピーにする、そんな舞台をお届けできるように頑張ります!」と呼びかけている。