香取慎吾が2020年1月1日に、自身初となるソロアルバム『20200101』(ニワニワワイワイ)をリリースすることが明らかになった。

【写真】香取慎吾、増税初日に「10%」サプライズ配信で話題

 東京オリンピック・パラリンピックが開催となる2020年を最速で盛り上げようと、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマにアルバムを制作。香取本人も楽曲制作に携わり、フィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、TeddyLoid/たなか、WONK、yahyelらを迎える。

 香取は「香取慎吾の初のアルバム(円盤化)が決定しました。オリンピック・パラリンピックの年2020年そして、その最初の日(1月1日)に皆さんとワイワイ楽しみたいという思いを込めて、タイトルを決めました」と説明した。

 あわせて、11月3日に放送されるAbemaTVレギュラー番組『7.2新しい地図』の番組内で、10月1日にサプライズ配信されて話題を呼んだデジタルシングル第1弾「10%」を初披露することが決定。さらに、第2弾「Trap」がきょう1日からダウンロード/サブスクリプション型(定額制)ストリーミングサービスで配信がスタートした。