落語家でタレントの笑福亭鶴瓶、俳優の綾野剛が1日、都内で行われた映画『閉鎖病棟』初日舞台あいさつに登壇。10年ぶりの映画主演となる今作で、7キロの減量を行った鶴瓶だが、司会を務めた笠井信輔アナから現在の状況を聞かれると「ちょっと太りましたね」と小さな声で明かした。

【写真】小松菜奈、きらびやかなノースリーブドレス姿を披露

 落語のツアーを行っているため、打ち上げの席なども多く、1.4キロのリバウンドをしてしまったという鶴瓶に対して、綾野が「1.4キロですか、なるほど…」とニヤリ。鶴瓶が「疑ってるの? ここに(体重計)持ってきてもええよ」と反論すると、綾野は「結局のところ増えているわけじゃないですか。だから、なるほどと」と笑いながら応酬した。

 現在減量中なのか、きょうの朝食はゆでたブロッコリーとささみだったという綾野は「やっぱり(体重の増減は)意識の問題だと思うんですよね」と冗談交じりにチクリ。鶴瓶は「オレ主役やで、なんでこんなにイジられなアカンの」と嘆きながら「きょうスーツのズボンをスッとはこうと思ったら、ズボンが入らなくなっていたので、やっぱりちょっと太りましたね」と反省した様子で語っていた。

 作家・帚木蓬生氏の山本周五郎賞受賞作を映画化した本作は、とある精神科病院が舞台。家族や世間から遠ざけられながらも明るく生きようとしていた患者たちの穏やかな日常に起こる殺人事件をめぐって物語が展開していく。

 舞台あいさつにはそのほか、小松菜奈、坂東龍汰、渋川清彦、小林聡美、平山秀幸監督も登壇した。