テレビ東京で民放初の赤ちゃん向け番組『シナぷしゅ』(12月16日~20日の間の毎日、前7:35)が放送される。メインのターゲットは0~2歳の乳幼児。この年代を対象とした番組は、NHKの『いないいないばあっ!』があるくらいで、民放では手を出しづらかった領域に初めて挑む。

【写真】松丸友紀アナほかプロデューサー陣

 「赤ちゃんにテレビは見せない方がいい」と一律に思われている傾向がある一方で、スマホでは玉石混交の動画を見せている現状…そこに疑問を持った同局社員が「赤ちゃんにも良質な動画コンテンツを提供したい!」と、”視聴率を無視して(?)” 立ち上がった。

 子育て奮闘中の社員たちが集まって本プロジェクトを始動。制作局だけでなく、アナウンス部やビジネスセクションからパパママ社員がプロデューサーとして参加し、それぞれが「自分の子どもに見せたい」と思えるコンテンツを開発。放送だけでなくYouTubeでの展開につなげていく。

 プロデューサーに名を連ねるのは、飯田佳奈子(コンテンツ統括局 編成統括部)、工藤里紗(制作局 CP制作チーム)、岡林曜子(アニメ局 ビジネス促進部)、松丸友紀(総合編成局 アナウンス部)、高橋弘樹(制作局 CP制作チーム)。

 松丸アナは「私自身、手探りで育児しながら日々奮闘している一児の母です。赤ちゃんはベッドがいいの? 布団がいいの? そんな疑問から始まり、赤ちゃんにテレビやスマホの動画はみせていいのかといった悩みを夜な夜なネットで必死に検索している自分がいました。そうです。お父さんお母さんは必死なのです! そんな張り詰めた空気をぷしゅ〜と抜きながら、赤ちゃんにたくさんの楽しい刺激をお届けしてシナプスがぷしゅぷしゅと活性化するような番組作りができたらと思っています。皆さんと気持ちを共有できたらうれしいです」とコメント。

 番組名は「シナプス」に由来する。脳の神経細胞と神経細胞の間にあるつなぎ目のことで、脳の神経細胞は、成長にしたがって「増える」のではなく、シナプスによって「つながる」ことで発達する。適切な刺激でシナプスをどんどん増やし、脳の発達につながる、そして赤ちゃんの世界が「ぷしゅ」っと広がり、パパママの肩の力が「ぷしゅ~」っと抜ける、そんな目指している番組の意図が込められている。

 大ヒット絵本『もいもい』を手掛けたことでも知られる、東京大学赤ちゃんラボが監修として参加。乳幼児の発達メカニズムやメディアの人間への影響を日々研究している開教授に赤ちゃんにどんな刺激が必要なのか、意見をもらいながら制作し、安心して赤ちゃんに見せられる内容に仕上げていく。