吉本興業は30日、所属するお笑いコンビ・ミキが京都市についてツイートしたことが、いわゆるステルスマーケティング(ステマ)と報じられた件について、「ステマには当たらないものと考えております」と見解を報告した。

【写真】ミキ・亜生、官能グラビアに挑戦 “弟”キャラとのギャップ披露

 同社は京都国際映画祭と関連して、2017年・18年に京都市から委託を受けてPR業務を実施。これに関して18年10月6日、同10日にミキの2人がツイッターで「京都市営地下鉄、ふるさと納税、コラボポスター等のPRツイートをそれぞれ2回ずつ発信いたしました。この際、ハッシュタグとして、#京都市盛り上げ隊、#京都国際映画祭2018、#コラボポスター、#京都市営地下鉄若しくは#京都市ふるさと納税と明記しております」と経緯を説明した。

 この発信が「ステマに該当する」という指摘について「京都市との連携を示すタグ表示及びその活動の周知により、今回のツイートが京都市のためのプロモーション業務であるということは世間一般にご理解いただけるものと考えております」と見解を表明。

 また、一般の「インフルエンサー・マーケティング」が1フォロワーあたり1ツイート3~8円程度が相場であるところ、「当時のミキのフォロワー数は昴生113,605 人、亜生が213,018 人であり、それぞれ2回ずつのツイートをいたしました。2人合計で30万以上のフォロワーに対して2回ツイートしたと考えても、本件の100万円という対価が全く高額なものではなかった」と理解を求めた。

 同社としてステマに該当しないと判断したが、今後にむけて「世間の皆様に対しより誤解のない方法でのプロモーションの在り方については常に考慮して実施してまいります」としている。