俳優のディーン・フジオカが10月31日、都内で行なわれた女優・松下奈緒とのW主演映画『エンジェルサイン』完成披露舞台あいさつに登壇した。全編を通してせりふを使わず、映像と音楽のみで紡がれる長編オムニバスとして描かれる同作のプロローグ&エピローグ編に登場する松下はチェリストのアイカ、ディーンはピアニストのタカヤとして恋人同士を熱演。松下を前にピアノ演奏にも挑戦したディーンは「ピアニストの前でピアノを弾く、このプレッシャー! なんで松下さんがピアノじゃないのか」と恐縮しながら本音をぶっちゃけた。

【全身ショット】黒のシースルーシャツで登場した松下奈緒

 一方でチェロ演奏に挑戦する松下も「私もなんでピアノじゃなかったのか…何度も(ディーンと)代わりましょうよって」と苦笑。「女性のチェリストって憧れだったのでうれしかったんですけど。触ったこともないから最初は構え方からおかしくて…。予定ではどこかで披露したいなと思ってたんですけど」と残念そうに語ればディーンは「弾いてくれるんですか!?」とニヤリ。会場から拍手が起きるも「だめです」とやんわり拒否していた。

撮影現場では「たまたま北条監督の誕生日で松下さんが『どいて!』みたいな感じで、誕生日の曲を難しいアレンジで弾いて一気にハッピーバースデー雰囲気に持っていった時に本当にごめんなさいといった感じでした」と申し訳なさげなディーン。松下は「気分転換でって、キャッツアイを弾いていたらディーンさんものってきてくれた」と紹介し、「少しでも松下さんに近づけるように」と謙そんするディーンに松下は「本当は弾けるのにこうやっていうんです」と微笑んだ。

 漫画『シティーハンター』の作者で知られる北条司氏が、実写映画総監督に初挑戦する同作は世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品の6888編の中から選ばれたアジア・ヨーロッパの受賞作品を実写化し、北条氏が描き下ろしたオリジナルのプロローグとエピローグが加えられて構成される。

 せりふがない、ということで用意されたのは北条氏による手書きの“絵コンテ”。現在、“月9”ドラマ『シャーロック』で推理モノを絶賛撮影中のディーンは「サイレントという部分が貴重な体験だった。たまたま、めっちゃせりふ多い役を演っていて、毎日死にそうな思いでせりふを入れているので『エンジェルサイン』を演っているときは本当に幸せだったなって…」と嘆きながら笑わせた。

 このほか、イベントではメインテーマ「Angel Sign」のオーケストラ生演奏も行なわれ、観客を作品の世界観へと誘った。11月15日よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかで上演。