俳優の草なぎ剛が、現在配信中のNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』やテレビ東京系ドラマ『Iターン』などを手がける内田英治監督のオリジナル新作映画『ミッドナイトスワン』(公開日未定)で、トランスジェンダーの凪沙役として主演を務めることが発表になった。草なぎは、メイクをバッチリ決める凪沙を演じるにあたり「今までで一番大挑戦の役」と難しさを口にするも「深刻な問題ではあるけれど、リアルに生きている人たちの悩みを見せられたら」と未知なる挑戦に意気込んでいる。

【写真】草なぎ剛が神様コスプレで登場、HIKAKINも「ずるい」と絶賛

 草なぎが演じる凪沙は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら、1人で生きるしかない仲間たちとステージに立つ日々を過ごす。

 その凪沙が、ある日育児放棄にあっていた親戚の娘・一果を預かることに。最初は理解しあえなかった2人だが、凪沙が一果の苦悩を正面から受け止めることにより、凪沙の中に今まで感じたことのなかった感情が芽生える。自らの“性”と葛藤する凪沙も、同じく孤独の中で生きてきた一果と出会ったことで実感した“母性”への自覚していき、切なくも美しい疑似母子のラブストーリーが描かれる。

 草なぎは「台本を読んだ時、とても感動し涙が止まらなかった。その時の気持ちを作品として見せて、また新しい作品の力やお芝居の力に目覚めることができたらいいなと思います」とコメント。内田監督が手がけた脚本については「人の愛、エネルギーにすごくあふれていて、国境や性別などを超える力があって、みなさんに楽しんでいただけると思います」と自信も見せた。

 役への向き合い方については「凪沙の気持ちは、少なからず生きている人間ならばわかるもの、作品として訴えかける力があっていいなと思います。“変えられない運命”“逃れられない運命“の悲しみ、切なさといってたものは誰しも抱えていると思う。それを作品の中で表現できたら」と語る。「いろいろなキャラクターが登場する中、凪沙が作品を引っ張っていくキャラクターになるんじゃないかな。監督を信頼してみんなで頑張ります」と気合い十分だ。

 内田監督は、草なぎの起用理由を「内面的な演技が要求されるこの難しい役を演じるのは、誰もが知っている方でないと意味がないと思っていた。草なぎさんが演じていただけるということで本当にうれしく思います」と話す。作品に対しては「普遍的なひとつの愛の形としてトランスジェンダーと少女の関係を描いています。普通の娯楽映画として大いに楽しんでいただけたら」と呼びかけている。

 撮影は10月下旬から都内と関東近郊でスタート。11月下旬にクランクアップを迎える予定。