俳優の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也が30日、都内で行われた映画『屍人荘の殺人』ハロウィンイベントに出席。それぞれが思い思いのコスチュームで登場し、会場を沸かせた。

【動画】中村倫也のボケに思わずツッコむ神木隆之介

 同作は『このミステリーがすごい!』『週刊文春ミステリーベスト10』など、『容疑者Xの献身』(東野圭吾氏)以来、デビュー作としては史上初の4冠を達成した今村昌弘氏による同名の小説。山奥のペンション内で起こる止まらない殺人事件に、逃げ場のない恐怖。絶望の中、謎を解き明かしていき、生き残りをかけて探偵たちが体力と知能と命を削り合う、新感覚の本格ミステリーとなっている。

 神木演じる主人公の大学生・葉村譲はミステリー愛好会に所属し、強引な“探偵たち”に翻弄され、ワトソンのごとく探偵の助手として絶体絶命の状況に立ち向かう。ヒロインの女子大生探偵・剣崎比留子を演じるのは浜辺。卓越した推理力で警察からも信頼され、主人公たちを前代未聞の謎へと誘う。中村は、主人公たちが通う神紅大学で“神紅のホームズ”の異名をとり、葉村を振り回すミステリー愛好会の会長・明智恭介を演じる。

 劇中での役割とは逆で、この日は神木がホームズ風、中村がワトソン風の仮装を披露。神木が「映画の中では万年助手。ハロウィンくらいは逆でもいいじゃんということで」とうれしそうに話すと、中村が「なぜ私が助手なのかわからん」とホームズっぽく感想を明かし、笑いを誘った。一方、浜辺は魔女風のコスチュームで姿を現し、観客から「かわいい」コールを受けていた。

 イベントにはそのほか、葉山奨之、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、木村ひさし監督も登壇。同作は、12月13日より公開される。