タレントの古坂大魔王が30日、都内で行われた総務省『OPEN異能vation 2019』プログラム授賞式に出席した。

【写真】授賞式に駆けつけた高須クリニック院長の高須克弥氏

 同プログラムでは、情報通信技術(ICT)分野において、破壊的価値を創造する奇想天外でアンビシャスな技術課題に、失敗を恐れずに挑戦している人(通称:変な人)に対して、総務省が最大で300万円までの支援を行っている。

 古坂は「僕が憧れた方が全員そう(異能)だったかもしれないですね。竹中直人さん、大竹まことさん、とんねるずさん、高田純次さんに本気で憧れてこの世界に来たので」としみじみ。「芸人なのか、役者なのか、歌手なのか、なんだかわからない方々が好きだったので、そういう方々は憧れますね」とマルチな才能を発揮している先輩たちへの思いを口にしていた。