大麻取締法違反罪に問われたロックバンド・RIZEのベーシスト/Dragon Ashのサポートベーシストを務めるKenKen(本名・金子賢輔/33)被告の判決公判が30日、東京地裁で開かれた。丹羽敏彦裁判官は懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡した。

【写真】KenKen、30歳で高校生に…制服姿を披露

 KenKen被告は7月19日、京都市下京区の当時の自宅マンションの一室で、大麻約0.2グラムを所持したとされる。初公判でKenKen被告は、約10年前から月1、2回のペースで大麻を使用していたと証言。使用した理由について、「よく眠れたり、体の不調が治ってリラックスできた」と話していた。

この日のKenKen被告は前回と同様、上下黒のスーツ姿で入廷し、長髪は頭の後ろで結んでいた。判決の言い渡しまでの約3分間、弁護士側のイスに座り、法廷内を見渡すなど多少落ち着きのない様子だった。

 判決で丹羽裁判官は起訴された事実を認定。KenKen被告の今回の大麻使用量は少量ではあるものの、使用期間の長さから依存が懸念されると指摘した一方、執行猶予とした理由について「前科もなく、事実関係も明らかにした。また友人や母親の支援もあり、更生の環境が整っている」などと説明した。丹羽裁判官は、執行猶予の説明で「(再犯したら)次は実刑も予想される。(判決の)主文と執行猶予の意味をよく覚えてください」と問いかけると、証言台のイスに座ったKenKen被告は「わかりました」と大きくうなずいた。退廷する際、傍聴席と丹羽裁判官に一礼し、母親の歌手・金子マリとともに退廷した。

 今回の裁判では31席の一般傍聴席に対し、54人が傍聴券を求めて列を作った。

 また前日の29日には、大麻取締法違反罪などに問われたRIZE/The BonezのボーカルJESSE(本名・マック・ファーデン・ジェシー・ソラト/39)被告の判決公判が東京地裁で開かれ、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)が言い渡されている。