アイドルグループ・乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(岩下力監督)がBlu-ray/DVD化され、12月25日のクリスマスに発売されることが決定した。7月に公開された同作は、小規模公開ながらも興行収入3億円を突破し、前作『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(2015年公開)を超えるヒットを記録した。

【動画】「かわいさが渋滞」齋藤飛鳥&与田祐希のうさ耳“ハロウィンコスプレ”

 結成から7年を迎えた2018年9月。22枚目シングルの選抜発表の場で、絶大な人気を誇るエースの西野七瀬が自身の卒業を口にした。そのとき、メンバーちは何を感じ、何を考えたのか。

 グループの活動と個人の活動との両立に満身創痍になりながらも、卒業の二文字を決して口に出そうとしない者。メンバーと過ごす居心地の良さだけが、卒業しない理由だと語る者。過去から逃げるようにグループへ入り、再び過去の自分と向き合うことを決心する者。エースの卒業に直面したメンバーたちの心の葛藤と成長の過程を至近距離からとらえた。

 本作は完全生産限定のBlu-rayコンプリートBOX(4枚組)、DVDコンプリートBOX(4枚組)、初回仕様限定のBlu-rayスペシャル・エディション(2枚組)、DVDスペシャル・エディション(2枚組)で発売。

 スペシャル・エディションには、映画本編に加え、西野が卒業コンサートの舞台裏で白石麻衣と抱き合う姿をとらえた予告編、メンバーが撮影裏話を語った完成披露上映会舞台挨拶と公開初日舞台挨拶の模様を収録。コンプリートBOXには、4期生初の映画舞台挨拶ツアーの模様や本編には収まりきらなかったアウトカット集も盛り込まれる。

 オリジナルグッズ付き商品の販売も決定。セブンネットショッピングは劇中の名シーンを切り取ったポストカード20枚セット、Amazonは西野七瀬と白石麻衣の顔がプリントされたミニハンカチ2枚セット、TSUTAYAは映画ポスターと同じデザインのアクリルスタンド付きで販売される。