女優の桜井日奈子が29日、開催中の『第32回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)の舞台あいさつに登壇。あるワンシーンのリハーサルで5時間かかったと明かした桜井は、MCから詳細を聞かれると「小坂(間宮祥太朗)と2人の女の子が話しているシーンで。その目線の先には私がいて、5時間ゴミ箱をあさり続けていました」と告白し、メガホンをとった小林啓一監督は「僕のこだわりです!」と奮闘した桜井に感謝していた。

【動画】撮影秘話を明かした桜井日奈子

 物語は、何にも興味が持てず退屈な高校生活を送っていた小坂(間宮)が、リストカット常習者の少女・鹿野(桜井)と出会って動き始める。周囲から孤立していた2人は、不器用なやりとりを繰り返しながらも、お互いの心の傷を癒やし、少しずつ前を向いて歩み始めていく。

 きのうのレッドカーペットでは、間宮に手を引かれながら登場した桜井。「初めての映画祭なので、使い物にならないくらい緊張していました」と振り返った。この日も、通訳が英語に訳す前に桜井が話し始めてしまう場面もあり、会場は笑いに包まれるも緊張が続いている様子だった。

 間宮は本作について「僕を含めて、SNSの発達もあって個人として大人数を相手にしないといけないと錯覚し始めている感じがするんです。この映画は僕らも含めて自分と特別な誰かの二人だけの話なので、一人大切な存在がいる尊さが伝われば良いなと思っております」と語っていた。