アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかが29日、『第32回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』(2020年1月17日公開)トークイベントに出席。来年開催される「東京2020オリンピック・パラリンピック」が終わってからも「さらに関心が高まり、人の気持ちだったり建物だったり、色んな人が過ごしやすい未来になったらいいなと思います」と願いを込めた。

【写真】きらびやかな黒いドレスを着てニッコリの猪狩ともか

 猪狩は「今は2020年のパラリンピックに向けて、パラスポーツへの関心もあると思います。でも、それが終わったからといってみなさんの意識が切れないでほしい」と呼びかけた。同作を鑑賞した猪狩は「普段使っている車いすを使っていてびっくりしました。今は競技用のものがあるので、昭和から現在にかけて車いすも進化してきたんだなあと実感しました」と振り返った。

 来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けては「生きているうちに自国開催があるなんて、すごく貴重なこと。なかなか体験できないことだと思います」と心待ちにする様子も見せていた。

 この日は、上智大学修士1年でパラリンピックの普及をメインに活動する学生プロジェクト「Go Beyond」の代表を務める山本華菜子さんも登壇。山本さんは「2020年に向けて多くの人の心に火がついていると思います。それ以降にどんな世界になっているのかが楽しみで、2021年から後も、世界から良い意味で『日本は変わったね』と言われるようになればと思っています」と話していた。

 同作は、1965年に公開された東京オリンピックの様子を記録したドキュメンタリー映画。パラリンピックの父と呼ばれるグットマン博士や当時の皇太子ご夫妻が見守る中、選手たちが明るく自身に満ちた表情で海外選手たちと交流する姿などが収められている。