女優の清原果耶(17)が28日、都内で行われた『東京ドラマアウォード2019』授賞式に出席。この1年間(2018年7月~19年6月)に放送された番組で“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する同賞において清原は『透明なゆりかご』(NHK・2018年7月期)で個人賞・主演女優賞を受賞した。

【動画】主演作『透明なゆりかご』の特別な思いを明かす清原果耶

 
 最多受賞作として同作は個人賞・主演女優賞のほかにも、脚本賞の安達奈緒子氏、作品賞・連続ドラマ部門優秀賞に決定。漫画家・沖田×華(おきた・ばっか)氏が、産婦人科医院での看護師見習い時代の実体験をもとに、命をめぐる現実を美化せず正面から描ききった同ドラマ。

 司会の石坂浩二から演じる上での“品”を絶賛された清原は「本当ですか、ありがとうございます」と歓喜。トロフィーを手に「この作品のアオイちゃんをどう演じようか悩んだり考えたりしたんですが、この作品を大切にしたいという想いがあったのでそれが現れていたのならうれしいです」と噛み締め、石坂からも「すばらしい。未来は明るいという感じですね」と祝福されていた。

 この他、個人賞として主演男優賞は菅田将暉(日本テレビ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』)、助演男優賞は横浜流星(TBS『初めて恋をした日に読む話』)助演女優賞は黒木華(日本テレビ『獣になれない私たち』)、脚本賞は安達奈緒子(NHK『透明なゆりかご』、テレビ東京『きのう何食べた?』)演出賞は福田雄一(日本テレビ『今日から俺は!!』)に決定した。