この1年間(2018年7月~19年6月)に放送された番組で“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する『東京ドラマアウォード2019』の授賞式が28日、都内で開催された。作品賞・連続ドラマ部門グランプリに選ばれたのは、菅田将暉が主演した『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)。菅田は、同ドラマの演技で個人賞・主演男優賞を受賞したほか、山田孝之とダブル主演した『dele』(テレビ朝日)も作品賞・連続ドラマ部門優秀賞を受賞。菅田のこの一年の顕著な活躍ぶりを改めて示した。

【写真】清原果耶、黒木華ら女優陣はきれいなドレス姿で登場

 『3年A組』は、主人公の教師・柊一颯(菅田)が担当生徒29人を人質にとり、自殺したクラスメート・影山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を明らかにするため「授業」を行っていく、謎と事件が絡み合うミステリー。菅田の熱演だけでなく、生徒役で出演していた若手俳優陣も回を追うごとに注目を集め、10代を中心に学園ドラマというジャンルの枠を超えた一大ムーブメントを巻き起こした。

 作品別の受賞数では、『透明なゆりかご』(NHK)の3冠(作品賞・連続ドラマ部門優秀賞、個人賞・主演女優賞=清原果耶、脚本賞=安達奈緒子)が最多。漫画家・沖田×華(おきた・ばっか)氏が、産婦人科医院での看護師見習い時代の実体験をもとに、命をめぐる現実を美化せず正面から描ききった作品。

 そのほかの受賞作品・授賞者は以下の通り。

■作品賞
【連続ドラマ】
グランプリ:『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)
優秀賞:『透明なゆりかご』(NHK)
優秀賞:『dele』(テレビ朝日)
優秀賞:『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS)
優秀賞:『きのう何食べた?』(テレビ東京)

【単発ドラマ】
グランプリ:『Aではない君と』(テレビ東京)
優秀賞:『詐欺の子』(NHK)
優秀賞:『満願』(NHK)
優秀賞:『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ)

【その他】
ローカル・ドラマ賞:『なめとんか やしきたかじん誕生物語』(関西テレビ)
ローカル・ドラマ賞:『かんざらしに恋して』(NHK長崎放送局)

■個人賞
主演男優賞:菅田将暉(日本テレビ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』)
主演女優賞:清原果耶(NHK『透明なゆりかご』)
助演男優賞:横浜流星(TBS『初めて恋をした日に読む話』)
助演女優賞:黒木華(日本テレビ『獣になれない私たち』)
脚本賞:安達奈緒子(NHK『透明なゆりかご』、テレビ東京『きのう何食べた?』)
演出賞:福田雄一(日本テレビ『今日から俺は!!』)

主題歌賞:milet『inside you』(『スキャンダル専門弁護士QUEEN』オープニングテーマ)

■海外作品特別賞
『我的真朋友 My True Friend』中国、『熱血司祭』韓国、『愛の運命』タイ