NHK総合ほかで放送される大みそか恒例の『第70回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45 ※中断ニュースあり)の司会者取材会が28日、東京・渋谷の同局で行われた。3年連続で総合司会を務める内村光良、4年ぶり3回目となる紅組司会の綾瀬はるか、2年連続白組司会の櫻井翔(嵐)が出席。同局の和久田麻由子アナウンサーが総合司会を初めて担当する。

【全身ショット】初総合司会!清楚なワンピで美脚を披露した和久田麻由子アナ

 内村からは「先ほど『テレビジョン』さんの取材で、“3人のユニット名は何ですか?”と聞かれて、綾瀬さんが“チームUSAです”と名付けました。“チームUSA”として頑張っていきたいと思います」との発表もあった。

 櫻井からは「最初“UTA(歌)”だと言われて、いきなり外されたのでビックリした」といううっかりミスも暴露されたが、UCHIMURA、SAKURAI、AYASE、3人の頭文字をとって“USA”。

 昨年の『紅白』では演出の都合で、着替えが多かった内村は、「着替えを少なくしたい。生放送中に俺がしばらくいないってことがあって、両親が本気で心配したということがあったので」と、演出サイドに訴える場面も。

 内村は「このまま総合司会が続いてしまうと、NHKの局員になってしまうので」と冗談めかしながらも、「令和初で、第70回で、“夢を歌おう”というテーマ最後の年、節目の回。毎回、緊張するんですが、緊張感の中で幸せな光景を見ることができるのは、何ものにも代えがたい場所だと思っている。また、そこに立ち会えるんだ、しっかり見届けるというか、盛り上げていかなきゃ、という使命感は毎年持ってやっています」と、意気込みを新たにしていた。