モテないポンコツサラリーマン“はるたん”こと春田創一(田中圭)を巡る、おっさん同士の恋模様を描き、劇場版は185万人/興収25億円を突破(10月21日現在)と、“OL旋風”を巻き起こしている『おっさんずラブ』。待望の新シリーズで、航空業界を舞台に、まったく新しい物語として生まれ変わる土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(11月2日スタート、毎週土曜 後11:15~深0:05)の新キャラクタービジュアル「ぜんぶ秋のせいだ…」が公開された。

【写真】吉田鋼太郎ほか新ビジュアル

 新キャラクタービジュアルには、“秋”を感じさせる落ち葉の中で、思い思いのポーズをとる春田やパイロット・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)たち。「ある日、僕は機長に告白された」(春田)、「恋の離陸準備は、できていますか」(黒澤)といった、それぞれのキャラクターを象徴するコピーも添えられている。

 ほかに、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)、整備士・四宮要(戸次重幸)、春田と同じ高校でバスケ部の後輩で、リストラされて途方に暮れている春田と運命的に再会し、CAを募集していた自分の勤務先を勧める橘緋夏(佐津川愛美)、毒舌で春田へのツッコミがさく裂するCAの先輩・根古遥(MEGUMI)、テンション高めに運航予定や天気の情報を伝えてくれる、おしゃべりディスパッチャー、烏丸孫三郎(正名僕蔵)のビジュアルも制作されている。