本日、27日、渋谷にて“家から着てきても恥ずかしくない”日常的な衣装を着て”地味さ”を競い合う「地味ハロウィン(=地味ハロ)」が開幕した。5年前から渋谷で開催されている同イベント。知る人ぞ知る「地味ハロ」常連たちに話を聞いた。

【2019地味コス速報】 地味すぎる「カーシェアのスタンドを元の位置に戻す人」の仮装ほか、最新仮装一覧

 今回で4回目の登場だという「地味ハロの猛者」も姿を現した。仮装は「朝から元気な旗当番のご近所さん」。集団登校のPTAのおばさんを彷彿とさせる手作りの旗には会場である「デイリーポータルZ」の文字の印字が。「楽天ショッピングで名入れ無料だったので作ってみました」と笑顔だった。

 「ホテルの朝食バイキングを取りに来た人」「自分の番でシュレッダーのくずがいっぱいになった人」でおなじみの方は、「カーシェアのスタンドを元の位置に戻す人」の仮装で登場した。捨てようとしていた段ボールで某カーシェア企業を連想させる「Timers」のスタンドを自作し、持参していた。「今回はカーシェアの駐車スペースにおいてある三角コーンのようなものを作りました。ニッチな地味さを狙ってしまいました」と常連らしいこだわりを見せた。     

 地味ハロウィン第二弾も開幕した。どこからともなく現れてさっさと帰っていく、地味さを備えた“常連たち”の姿に期待が高まる。