ジャニーズ事務所を退所し、10月1日からソロ活動をスタートした関ジャニ∞の元メンバー・錦戸亮(34)が27日夜、自身のツイッターを更新。一部メディアの報道について、苦言を呈している。

【写真】錦戸亮、ソロ第1弾は全11曲を作詞・作曲・プロデュース

 錦戸はこの日「今までは黙ってやり過ごしてきたけど、根拠の無い嘘を適当に並べて、みんながどういう気持ちになるか考えましょうね」と伝え「相手方の人生を弄び、何より応援して頂いてる方々の不安を煽る報道はやめて頂きたい」ときっぱり。

 吉本興業移籍や同社所属女優との交際説が浮上するなかで、記事は断定せずに報道を一蹴し、最後は「皆さん安心して下さいね」と、ファンに呼びかけ「だがしかし! 両親は34の息子が恋してない事を安心するんだろうか」という一文でツイートを締めくくった。

 なお、吉本興業はORICON NEWSの取材に吉本への移籍、熱愛報道ともに「そのような事実はありません」と否定している。

 錦戸の発言にファンからは「ほんとに安心しました 何が本物かは自分で見極めます」「私達の不安を考えて声を発してくれてありがとう!」「錦戸さん自身が一番もどかしく腹が立ってたと思うけど、ファンの気持ちを一番に考えてコメントしてくれてありがとうございます」「亮ちゃん、受け止めました。ファンファーストありがとうございます」「恋をしてくださいね。幸せを掴んでくださいね」といった声が多く届いている。

 錦戸は、9月30日にジャニーズ事務所を退所。10月1日から公式サイトやSNSをオープンするとともに、ファンクラブ『NFC』(エヌエフシー)と、自身の主宰レーベル『NOMAD RECORDS』(ノマドレコーズ)設立し、ソロ活動をスタートした。