女優の飯豊まりえが、テレビアニメ『ポケットモンスター』の公式サポーターに就任した。あわせて11月10日にテレビ東京で放送される同アニメ新シリーズの特別番組「飯豊まりえと行く!アニメ『ポケットモンスター』の世界!~アニポケ徹底解説スペシャル~」(後6:00)に出演することがわかった。

【画像】アニメ第1話の場面カット!ピチューとガルーラの子供

 特別番組は、アニメ新シリーズが11月17日よりスタートすることを記念して放送。新シリーズの世界をより深く楽しむためのさまざまな情報が公開され、サトシとピカチュウの出会いや、これまでの冒険など「アニメのポケモンとは?」が一からわかるスペシャル映像だけでなく、世界初公開のアニメ本編映像や謎に包まれた第1話の映像なども特別公開。アニメ『ポケモン』初心者でも十分に楽しめる内容になる。

 公式サポーターに就任した飯豊は、子どものころからアニポケが大好きで、今年5月に公開された映画『名探偵ピカチュウ』で日本語吹き替えを担当。今回、特別番組ではナビゲーターを務めて、新シリーズの魅力に迫る。また、新シリーズ第1話にゲスト声優として出演することが決定し、演じるのは第1話の鍵を握る「ガルーラの子供」。

 アニメ『ポケモン』シリーズは1997年4月から放送がスタートし、シリーズ7作目となる新シリーズは、97年に放送がスタート時と同じタイトル『ポケットモンスター』。11月15日に発売されるゲーム『ポケットモンスター ソード・シールド』の舞台となるガラル地方を含め、今までゲームやアニメに登場したすべての地方を舞台にした物語が展開され、各地方に生息する多くのポケモンたちが登場する。

 今作の主人公はダブル主人公で、初期から登場しているポケモンバトルで最強を目指す10才の少年・サトシと、幼いころに出会った幻のポケモン“ミュウ”をゲットすることを目標に、すべてのポケモンをゲットするという夢を持つ10才の少年・ゴウの2人が冒険の旅に出る。